言葉にする前から何が伝わるかは決まっている

  • LINEで送る
パソコン

仕事で文章を書く機会が多いのですが、

文章を書く際に何よりも意識している事があります。

 

 

それは、読み手の幸せを祈ることです。

 

 

例えば、

 

栄養素を完璧に計算したご飯よりも、

お母さんが握ってくれた愛情いっぱいのおむすびの方が

格段に美味しかったり、

 

 

文章構成が完璧なラブレターよりも、

不器用で一生懸命書いてくれたのが伝わるラブレターの方が

ずっと心に響くことがあります。

 

 

 

だから、私は文章を書く時、

テクニックよりも、正論よりも、

祈りとか愛情とかを大切にしてきました。

 

 

一人でも多くの人が、

幸せへと導かれるように。

 

 

 

さらに、最近は、

文章を書くより「ずっと前」が大事なんだと気づく事ができました。

 

 

文章を書いている時間よりも、

文章を書いていない時間に、

 

 

何を考え、何を祈り、何を大切にしているかが、

もろに文章に現れる。

 

 

文字でどんな表現をするかよりも、

行間にその人の想いが現れるのです。

 

 

 

これはきっと、何をする時でも同じです。

 

 

好きな人に対して、

どれだけ良い感じの言葉をかけることができても、

 

会っていない時に

相手の事をどう思っていたのかがもろに伝わります。

 

 

 

夫に対しても、

子供に対しても、

仕事仲間に対しても、

 

誰に対しても、

何をする時でも、

全く同じ。

 

 

恋愛テクニックを学ぶよりも、

たとえ不器用でも、純粋な愛の方が相手の心を震わせることがあります。

 

 

正しい事を言われるよりも、

自分の事を本気で思って言われた不器用な言葉に心を動かされることがある。

 

 

 

結局大切な事は、

テクニックよりも、正論よりも、

 

愛とか、想いとか、幸せを祈る心とか、

そういう、言葉ではなかなか説明できない部分なのだと思います。

 

 

あなたが一人でいる時に考えていること、

思っている事が、全て。

 

 

その全てが、

人にどんな影響を与えるのかを決めるのだと思います。

 

 

文香

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

LINE@はじめました

 

文香と直接繋がりたい方、オーガニックビューティ情報を受け取りたい方はこちら↓

LINE@はじめました

 
 
 

Rin organic(名古屋店・大阪店)

 

名古屋と大阪を拠点に、ヘナカラー・メイクレッスン・ライフスタイルの提案をしています↓

rinirganicクリック