鼻うがいで心と体をリセットする方法

  • LINEで送る
鼻うがい

仕事をするとき。

友人とのお出かけや、デートをするとき。

 

私はいつも、自分自身が綺麗な状態かどうか、を意識しています。

 

ここでいう「綺麗」って、メイクや服装がバッチリ決まった!

ということではなくて。

 

心と体が清らかな状態でいられているか、ということです。

 

やっぱり、ざわざわした気持ちや、どんよりとした自分で

仕事をしたり、誰かと会うよりも、

 

清らかで、明るい私でいた方が、きっとより良い時間を過ごせる。

 

そう思うようになってから、

自分自身を綺麗にすることを意識するようになりました。

 

そのために心がけている方法の一つに、「鼻うがい」があります。

 

 

鼻うがいで自分リセット

わたしは毎朝・毎晩、手や顔を洗うのと同じように、

「鼻うがい」を習慣にしています。

 

鼻うがいとは、その名の通り、鼻の中に水を流して洗うこと。

 

はじめは正直、「え、汚い…」と思ったんですが、

仲間に勧められて試してから、すっかりはまってしまいました。

 

鼻の中が綺麗になるだけかと思っていたんですが、

それだけじゃない。

 

心も体もスカーっと爽やかで、とにかく気持ちがいいのです。

 

 

鼻うがいをしてみて感じた効果

表情が明るくなる

私は疲れると、眉間や目のあたりが重たくなって、

目つきが悪くなったり、眉毛が寄って怒ったような顔になります。

 

他の人から見るとあまり分からないそうですが、

鏡を見たときに、「あれ、今日の顔なんか変!」と思って気づくことがあります。

 

そんな時は、朝も鼻うがいを。

 

どんよりとしていた表情が明るくなり、

パーッと光がさすような感じがします。

 

化粧で作り上げた時とは違う、明るさを放っている感じがして、

デートも友人とのお出かけも、気持ちがいいです。

 

 

心が整って仕事がはかどる

私は主に、仕事のために鼻うがいをしています。

 

鼻うがいをしてから仕事をすると、

アイディアも閃きやすいし、打ち合わせなどもスムーズにいく気がします。

 

集中しやすくて仕事も早くなります!

 

特に、美容院やメイクレッスンでお客様とお会いする前と後は、

必ず鼻うがいを。

 

できるだけ清らかな自分で、

お客様とより良い時間を過ごせるように意識しています。

 

 

全身の感覚が研ぎ澄まされる

アーユルヴェーダでは、「鼻」は様々な全身器官に繋がっている大切な感覚器官。

鼻うがいをすることで、全身の感覚が研ぎ澄まされるそうです。

 

そう言われてみれば、鼻うがいをするようになってから、

「この場所は清らかだな」とか、

「この場所はやばい!」という感覚が、

少しずつ研ぎ澄まされているように思います。

 

 

鼻炎・花粉の緩和

仲間に鼻炎の人がいるんですが、

鼻うがいをするととてもスッキリとするそうです。

 

花粉症の人も、「鼻を取って洗いたい」とよく言いますが、

まさに鼻うがいはそれを叶えてくれます!

 

 

邪気を浄化する

「人混みや、誰かと会ったり、

ネガティヴな想いや話を聞いたり、なんとなく変な感じするとか、

これから何かをしたいと思う時、鼻うがいして邪気を流してしまうのが良い。

多少軽くなるし、浄化の力がある。」

 

そんな感想を聞かせてくれた人もいました。

 

特に現代は、毎日いろいろな邪気に影響されたりしやすい。

その日の邪気はその日のうちに。

貯めないで毎日リセットするのがいいですね。

 

 

鼻うがいに必要な3点セット

鼻うがいに必要なのは「水」「塩」「ボウル」の3つ。

 

1:水…2リットル

鼻の粘膜はとても繊細なので、必ずお水は浄水器に通して塩素を除去します。

 

 

2:塩(キパワーソルト)…18グラム

鼻の中に水を入れるって、とても痛そうですが、

塩を入れることで、体内の塩分濃度と同じになって、全く痛くないんです。

私はキパワーソルトというお塩を使っているんですが、

還元力があって、体の中のサビをとり、体を元の状態に戻してくれる働きがあるのでオススメです。

 

 

3:ボウル

鼻うがい専用のものを用意するといいですね。

 

 

 

鼻うがいの方法

鼻うがいの方法は、説明を読んでもわかりにくいかも。

 

参考になる動画があったので、紹介します。

私はまさにこの方法で実践しています!

⑴浄水器に通した水をやかんに入れて、人肌くらい温める

 

 

⑵ボウルの中に「塩」と「お湯」を入れてかき混ぜる

 

 

⑶前傾姿勢になって、片方の鼻の穴からボウルに入ったお湯を吸い上げる

・もう片方の鼻の穴は、指でおさえる

・この時、首より頭が上に上がっていると飲み込んでしまうので、頭は首より下げる

 

 

⑷吸ったお湯は口の中に溜めて、いっぱいになったら口から吐き出す

・口から吐き出すたびに、ボウルから鼻を離します

 

 

⑸半分(1L)お湯を使ったら、もう片方の鼻の穴と交代する

・最後まで水を吸おうとすると態勢が変わって飲み込んでしまうので、最後の水は捨ててOK

 

 

⑹鼻の中の水を全て排出してから、軽く鼻をかむ

・鼻の中に水が入った状態で勢いよく鼻をかむと、中耳炎になる場合があるので気をつけて下さい。

 

 

⑺終わり!

 

 

 

鼻うがいのよくある質問

 

Q.キパワーソルト使っているけど、他の塩もあり?

他にもいろいろなお塩で試している人がいます。

キパワーソルト:私はずっとこれ。まろやかな鼻通りでオススメ。浄化にも良いですが、硫黄の匂いを苦手に思う人も。

皇帝塩:浄化に1番良いが値段が高い。

 

Q.温度で効果は違うの?

自分が心地良いぐらいの温度でやるのが一番。

ただし、鼻の中はデリケートなのでぬる目が良いです。

少し温かい方が吸いやすいので、初めての場合はぬる目にすると吸う怖さが減るかもしれません。

 

Q.溶けきってない塩はどうしてる?

できるだけ溶けるように、温度なども調整しながらよくかき混ぜる。

それでも溶けなかったり、気になる場合は、取り除いてください。

 

Q.片方の鼻だけ詰まって吸い込みにくい。どうしたらいいの?

片方だけ詰まってる人、吸いにくい人は意外に多いです。

鼻自体が曲がっていたり、空洞の違いもあるので、左右違う場合がほとんど。

やってくうちに両方ともバランスよく吸えるようになっていきます。

吸いやすい方の鼻は1リットル、吸いにくい方の鼻は2リットルしている人もいます。

 

Q.鼻をかむのがこわいんだけど、良い方法はある?

鼻をかむ代わりに、口に水を含んで、上をむいてガラガラ〜とうがいすると鼻の奥の方の水が出てきます。

 

 

鼻うがいをするほど人生は充実していく

鼻うがいって、始めるまでは抵抗感があるかもしれませんが、

始めてみると意外にはまってしまいます。

 

私は朝と晩に鼻うがいで自分をリセットするようになってから、

自分がぶれなくなっていきました。

 

どんなことがあっても、

冷静に。取り乱さずに。

 

そんな自分でいられるように。

 

体の外側を綺麗に洗うのと同じように、

心も体の中も綺麗なあなたでいられたら、、、

 

仕事も、遊びも、恋も、

今よりずっと充実していくかもしれません。

 

手洗い、うがいと一緒に、

鼻うがいを習慣にしてみませんか?

 

文香

 

 

鼻うがいについての質問や報告などあったら、

下記のコメント欄か、お問い合わせフォームからぜひ聞かせてください。

 

 

 

  • LINEで送る

LINE@はじめました

 

文香と直接繋がりたい方、オーガニックビューティ情報を受け取りたい方はこちら↓

LINE@はじめました

 
 
 

Rin organic(名古屋店・大阪店)

 

名古屋と大阪を拠点に、ヘナカラー・メイクレッスン・ライフスタイルの提案をしています↓

rinirganicクリック

コメントを残す