プロフィール

プロフィール写真

「女性たちが幸せに生きるための手助けをしたい。」

そう思う私も、以前は女性としての自信が全く持てずにいました。

 

しかし、そんな悩みがあったからこそ、

女性としての生き方・在り方と真剣に向き合うことができました。

 

女性としての悩みを抱え、自信を取り戻していく過程は、

私に大きな喜びを与えてくれました。

 

「女性たちが幸せに生きるための手助けをしたい。」

全てはそれに取り組ませてもらうための、大切な経験だったように思います。

 

あなたにも訪れる、恋愛・結婚・出産・育児などの、

女性の人生の段階に柔軟に対応していくために。

 

このブログでは、女として、妻として、母としての生き方・在り方をお伝えします。

 

 

女性としての幸せを模索し続けた日々

数年前までの私は、女性としての自分に自信を持てずにいました。

 

恋人はできるのですが、

長く関係を続けることができずに別れてばかり。

 

自分の家庭環境を見て、結婚とは何だろうと、

妻として母としてのあり方を模索し続けていました。

 

生理不順を15年間経験し、

「子供を産めないかもしれない」と将来に絶望することもありました。

 

私は、なんとか女性としての自信を持てるようになりたくて、

外見を綺麗にすることに力を入れるようになり、20歳の頃には美容師にもなりました。

 

しかし、どれだけ外見を磨いて綺麗になっても、

人に好かれても、私の心は満たされませんでした。

 

それは、自分の自信のなさを隠すための、

「偽りの姿」だとわかっていたからです。

 

美容師として、女性を綺麗にするお手伝いをしながらも、

「女性たちの幸せ、美しさとは何だろう。」と考え続けました。

 

その中で、私は表面的なところだけではなく、

もっと根本的に女性達が幸せになるための手伝いをしたいと思うようになりました。

 

自分自身と向き合い、女性たちと向き合い続けてきた中で、

 

姿・形を磨いて手にした幸せはとても儚い。

本当の幸せ・美しさとは、もっと内側から溢れてくるもの。

そう気づかされたからです。

 

 

仕事で結果を出せば魅力的な女になれると信じていた

実際にはその「内側」とは何かよくわからず、

私は、「仕事で結果を出せば魅力的な女性になれる」と思うようになりました。

 

けれども、どれだけ頑張って仕事ができるようになっても、

恋愛や家庭環境がうまくいくことはありませんでした。

 

それどころか、自分の限界を無視した働き方をしてしまい、

心も体もボロボロ。

 

私が目指していた「魅力的な女性」とは違う自分がそこにいました。

 

 

女性性を知ることで「魅力的な女性」の定義が変わった

どんな努力をしたらいいのか悩んでいた時、

女性性・男性性という言葉に出会いました。

 

今まで、魅力的な女とは「見た目が美しく、自立した女」

というイメージの中、努力してきました。

 

それは、今の自分を否定しているようで、

自分ではない誰かにならなくてはいけないようで、

正直どこかで苦しさを感じていました。

 

けれども、女性性という言葉との出会いで、

自分が元々持って生まれた性質を生かし、生きていくことの幸せに気づかされました。

 

女性性を生かすことで、男性との関係性もスムーズに、より良くなっていきました。

 

その時、「自分以外の誰か」になろうと努力しなくても、

自分の性質を知り、生かしていくことで、

おのずとそんな自分と補い合える男性と出会い、

幸せな関係を築いていけるのだと気づくことができました。

 

頑張り続けて緊張していた心がフッと緩み、

女性として生まれたこと、生きていることに大きな喜びを感じた瞬間でした。

 

 

女性として心と体を大切に生きることの喜び

また、自身の15年間の生理不順の経験から、

女性として心と体を整えることの大切さや、その喜びを知りました。

 

生理不順を改善していく中で、

どうしたら自分の心と体がもっと楽に生きられるようになるのか、

悩みながらも、実験をするようにその過程を楽しみました。

 

生理不順を経験していなければ、

自分の心と体を本当の意味で大切にするその喜びを、

私はまだ知らないままだったかもしれません。

 

女性として生まれたことに喜びを見出し、

女性としての繊細な心と体を大切にして生きていく。

 

いまでは、それを大前提とした、働き方や恋愛ができるようになりました。

 

女性たちに心から喜びに満ちた人生を送ってほしい

女性としての自信をなくした経験があったからこそ、

女性としての生き方・在り方というものに真剣に向き合うことができました。

 

そして、自分が女性として、どのように生きることが幸せか、

答えを見つけることができました。

 

その経験を経て、

「女性たちが幸せになる手伝いがしたい」そんな想いを抱き、

現在は、女性としての生き方・在り方、そして健康や美しさの知恵を伝えています。

 

私の願いは、「女性たちに幸せになってほしい」ただそれだけです。

 

まずは、「育てる」という性質を持つ女性たちが、

幸せに生きられるようになること。

 

それが、男性の幸せ、子供達の幸せ、

そして、日本の幸せを育てていくと信じています。

 

そのためにも、まずは女性から。

 

女性と男性の存在は平等だけれど、その役割・性質は全く違います。

それなら、それぞれが得意なところを生かした方が、

お互いが幸せに生きられるのではないでしょうか。

 

幸せな女性がそばにいてくれるだけで、

男性は安心して、社会で自分の役割を全うできるようになります。

 

日本の幸せは家庭の幸せから。家庭の幸せは女性の幸せから。

女性の幸せの中に、日本そのものがあります。

 

そのためにも、まずはあなたから幸せに。

わたしはそれを心から祈ります。

 

このブログには、女性性を大切にした生き方・在り方、

そして、女性としての体を大切にする方法や、そのための生活の知恵を伝えていきます。

 

あなたの女性としての幸せを見つけられる場所にしていただけたら幸いです。

 

文香

 

自然派サロン Rin organic

https://organicsalon.jimdo.com/