「肌に愛情を与えれば必ず応えてくれる。」に対して思うこと

美肌

よく、

「肌に愛情を与えれば、必ず応えてくれる。」

というフレーズを目にします。

 

本当にその通りだなと思います。

 

でも、そんな、

「応えてくれる」という期待さえもなしにして、

 

どんな肌の時であっても受け止め、

 

真の愛情を与えることができた時、

優しく触れることができた時、

 

自分の想像する以上に、肌は綺麗になっていったな、

と実感しています。

 

メイクレッスンに来てくださる方には、

「肌を自分の子供のように見てみてください」

という提案をしています。

 

どういうことかというと、

例えば、

 

「こんなに手入れしているのに、

こんなに頑張ってるのに、

 

全然綺麗にならない…。

 

あ、シミが濃くなってきた。

あ、シワまで…。」

 

昔の私は、

そんな風に自分の肌を見ていました。

 

これを、肌ではなく、

子供に対してそんな風に言ったらどうなるか。

 

私だったら完全にひねくれます。

 

そっぽ向くか、

「うぎゃー!」と暴れます。

 

期待が重すぎるし、

全然こっちを見てくれていない。

 

そう思うからです。

 

 

でも、今の私は、

自分の肌を鏡で見ながら、

 

「つるつる卵みたいで可愛い〜!

どうしてこんなに綺麗なの〜!!」

 

とべた褒めしています。

 

(多分私の身近な人なら、私のこのキャラを知っているはず。

そして、いつも白い目で見てくれています。)

 

 

でもよく見ると、

ニキビができている時もあるし、

目尻のシミだって年々濃くなっているし、

唇がカサカサする時もあるんですよ。

 

でもそんなの目に入らない。

 

目に入っているけれど、

全然気にならない。

 

だって、シミやシワなんて、

とやかく言ってもどうにもならないし、

 

肌の乾燥やニキビなんて、

一時的なものだってわかっているし、

 

何が起きても焦らないのです。

動揺しない。

揺るがない。

 

 

 

明日デートなのにニキビができてたって、

「まぁ、明日はニキビがあるけど、その次会う時はもうないしね。」

 

なんて気楽に考えています。

 

 

肌に対して、

「いいよ、どんな風でも。」

 

と結構割り切っているんです。

 

 

化粧水を塗る時も、

「私の肌って気持ちいいな〜」

って思いながら塗っています。

 

 

そんな風に肌と向き合うようになってから、

肌は本当に綺麗になっていったし、

 

今でも

「どんどん綺麗になってるね!」とか、

「また白くなった?!」と言ってもらえるように。

 

 

肌に対して、

「どんとこい。」

「どんなんでも受け止めてやるぞ。」

という気持ちでいられるようになってから、

 

自然と人生で起きる色々なことに対しても、

そんな風に受け止められるようになりました。

 

 

肌って、本当に色々なことを教えてくれます。

向き合ってみると、すごく勉強になります。

 

 

肌に対して、

「これだけやってるんだから、綺麗になってね」

とプレッシャー与えている時は、

 

結構人に対しても同じように、

言葉にしなくてもプレッシャー与えている時があります。

 

肌に対してのスタンスって、

自分の生き方のスタンスにとてもよく似ています。

 

 

生き方を変えるのって難しいけれど、

肌との向き合い方を意識するだけで、

意外と人生まで軌道修正できていることがある。

 

そんな風に思います。

 

 

あなたはどんな風に肌と接していますか?

 

文香

 

 

 

LINE@はじめました

 

文香と直接繋がりたい方、オーガニックビューティ情報を受け取りたい方はこちら↓

LINE@はじめました

 
 
 

Rin organic(名古屋店・大阪店)

 

名古屋と大阪を拠点に、ヘナカラー・メイクレッスン・ライフスタイルの提案をしています↓

rinirganicクリック