頑張らない方が美しい、ということもある

女性

くせ毛が嫌でたまらなかった頃は、

髪を染めたり、

ストレートアイロンを使っていました。

 

 

小さい目をコンプレックスに思っていた時は、

つけまつ毛もして、

 

その上からマスカラもしっかり塗って、

アイラインも長めに引いて。

 

そんな頃は、

出かける準備をするだけで30分以上かかっていました。

 

出かける前には、もうヘトヘト。笑

 

彼と会う時は、

「綺麗って言って欲しい」

「可愛いって褒めて欲しい」

 

そんな風に、彼のことを見ようともせず、

自分のことばかり考えていました。

 

今振り返って写真を見てみると、

化粧をしすぎて、顔がすごく鋭くなっているし、

頑張ってる感が丸出し。

 

この顔では男性は癒されないなぁ、と思います。

 

でも、今は、

メイクと髪の毛合わせて10分以内で準備が終わります。

 

頑張って自分を作らないと、

お出かけも楽しい。

 

とっても自然体(カレーナンおいしー♪)

 

女性

 

メイクだって、ほとんどすっぴんなのに、

こっちの方が好評だったり。

 

 

ノーファンデなのに、

「どこのファンデーション使ってるの?!」

って聞かれたり。

 

何より、自分自身が自然体でいられて、

とても気持ちがいい。

 

すごく身軽で、自由で。

幸せでたまらなくなる。

 

 

そういう経験をしてきたからこそ、

伝えられることがある。

 

私は、例外なく、

すべての人が美しいと思っています。

 

すべての人が美しさの原石だと信じています。

 

美しさとは、顔が整っているということではなくて。

 

鼻が高いことでも、

顔が小さいことでも、

目が大きいことでもない。

 

私は私だと、自分を認め、

受け入れることができた時

 

諦めではなく、

人と違うことを愛せた時

 

そんな時、人は、もっとも美しくなれる

 

髪の毛がくせ毛の人は、

意外と、ストレートよりも、くせ毛の方が似合う顔立ちをしています。

 

眉毛が濃い人は、

眉毛が濃い方が似合う顔立ちをしています。

 

それを隠すよりも、

見せる方が実は美しかったりします。

 

人との「違い」を、「らしさ」として受け止めることができた時、

あなたの美しさが華ひらく

 

もうすぐ30歳になりますが、

周りの女性を見ていると、

元々の美しさは関係なくなってきているなと感じます。

 

まさに、30代からは、

性格がその人の人相になっていくのかもしれません。

 

自分に対して、

自信や信頼を持つことができた時の美しさは最強です。

 

だから私は例外なく、

すべての人が美しいと思っています。

 

すべての人が美しくなる要素を持っていると

信じています。

 

それは自分以外の誰かになる、

ということではなく。

 

あなたらしさを知り、

思い切り表現できた時、人はもっとも美しくなれる。

 

だからこそ、メイクもヘアもすべて、

あなたらしさを大げさなくらい見せた方がいい。

 

あなたがコンプレックスに思っているそれこそ、

あなたの美しさだから。

 

私自身の経験を踏まえて、

オーガニックコスメを使ったメイクレッスンもしています。

 

Rin organicのメイクレッスン

 

ひとりひとりの魅力を見ていき、

なぜその外見で生まれる必要があったのか、

まで徹底的に見ていきます

 

そうして、自分の外見を受け入れることができた時、

涙が出るほど、自分の外見が好きで好きでたまらなくなります

 

そしてそれを魅力に、最大限に発揮して生きたくなります。

 

一人でも多くの女性が、

その幸せに気づけますように。

 

文香

 

 

 

LINE@はじめました

 

文香と直接繋がりたい方、オーガニックビューティ情報を受け取りたい方はこちら↓

LINE@はじめました

 
 
 

Rin organic(名古屋店・大阪店)

 

名古屋と大阪を拠点に、ヘナカラー・メイクレッスン・ライフスタイルの提案をしています↓

rinirganicクリック

コメントを残す