滝修行で見つけたカッコ悪すぎる自分

滝修行

人は生きていると、必ず汚れていきます。

だから体は排泄をするけれど、心は・・・?

 

心も生きていくうちに、誰しもある程度は汚れていくのだと思います。

 

自然の中い入るとリフレッシュすることができますが、

人工物に囲まれた街の中で暮らしていると、

いつの間にか自分を見失うこともあります。

 

体内のデトックスがあるように、

心も汚れてしまわないように、意識して生きることが必要なのかもしれません。

 

「もう頑張れって言わないで!」

1年前から、不定期で滝修行をさせてもらっています。

面白いくらいに自分の中の汚れをバリバリと剥がされている感覚があります。

 

滝修行の醍醐味は、本来の自分に戻れること。

 

私は、いつも、いい子ぶって、優等生ぶって、できる人ぶって、

自分を追い詰めてしまう癖があります。

 

いい子ぶるのなんてもう嫌だ!と思っているのに、

気づいたら、同じことを繰り返している自分・・・

 

やめたいのにやめられない。

抜け出したいのに抜け出せない。

 

そんなことってありませんか?

 

私は、「もう限界だ・・・」と思った時がありました。

その時、「もう頑張れって言わないで!私もう頑張ってるんだから!!ぅわーん。。」と泣きました。

 

母と温泉に行ってきた帰りで、心も体も緩んでいたからなのか、

電車を降りて夜道を歩き出した瞬間、涙腺が崩壊しました。

 

面白いのは、その当時、周りの誰一人として、

私に「頑張れ」なんて言っていなかったんです。

 

私に「頑張れ」と言い続けていたのは、私自身でした。

私はきっと、私自身に、「もう頑張れって言わないで!」と叫んで泣いたのだと思います。

 

滝修行であらわになったかっこ悪すぎる自分

滝修行

滝という場所は、大自然の中であり、聖域の中であり、

偽ることのできない特別な場所のように思います。

 

いい子ぶることも、優等生ぶることも、できる人ぶることもできない。

滝の中は、私が等身大の自分でいられる場所の一つです。

 

冷たいし、痛いし、体もヘトヘトで、

「もう勘弁してくれ」と思いながら、涙も鼻水もダラダラで、

必死になって修行をしている自分。

 

あまりにもかっこ悪すぎる姿をさらけ出す。

滝には、心も体も丸裸にしてしまうような力があるのかもしれません。

 

それと同時に、

「あぁ、私はずっと、こんな風にがむしゃらに生きたかったのかもしれない。」

と思わされます。

 

外面で優等生ぶるのではなく、誰かに褒められるためでもなく、

こんな風に、鼻水だらだら流して、恥も恐れず、そのままの自分で、全力で。

 

もうプライドなんて木っ端みじんに打ち砕かれて、

いつの間にか本来の私に還ることができます。

 

プライドも、優劣も、肩書きも、何もない、本当の自分。

 

滝修行をするたびに、自分でさえも気づいていなかった自分に出会えます。

奥が深すぎて、もう何十回と入っていますが、終わりが見えなくて楽しいです。

 

 

私は自分の意思では変わることのできない、弱い人間です。

すぐにサボるし、すぐにかっこつけるような、ダサい人間です。

 

だから、「変わりたい」と思った時は、誰かの力を借ります。

私にとってそれは「滝」なのかもしれません。

 

誰にも見せたくない恥ずかしい自分を晒され、

でも、そんな私さえも自然は丸ごと受け止めてくれる。

 

その経験を積み重ねることで、

確実に生きやすくなっていったように思います。

 

あなたにも、隠してしまいたい自分はいませんか。

 

その自分と向き合い、さらけ出すことができた時、

何か大きな一歩を歩めるかもしれません。

 

 

文香

 

 

 

LINE@はじめました

 

文香と直接繋がりたい方、オーガニックビューティ情報を受け取りたい方はこちら↓

LINE@はじめました

 
 
 

Rin organic(名古屋店・大阪店)

 

名古屋と大阪を拠点に、ヘナカラー・メイクレッスン・ライフスタイルの提案をしています↓

rinirganicクリック

コメントを残す